注意喚起

詳細記事

電動車いすを安全にご利用いただくためにご注意ください。

電動車いすの使用中における事故が少なからず発生しており、使用者の生命に関わる重大な事故も複数件発生していることが明らかになっております。
事故防止のためには、ご利用の皆様方がお使いの電動車いすの特性をご理解していただき、使用上の注意事項をよく守り、「歩行者」としての交通ルールをお守りいただき、ご利用されることが安全確保の上で欠かせません。
これまでに発生した事故を踏まえ、事故の発生を防止するために利用者の皆様方に是非とも守っていただきたい注意点がいくつかございますのでお知らせ致します。

事例1:舗装されていない畦道を走行中、側溝に転落して死亡した。

  • 側溝や側面に落差面がある路面を通行する際は、路肩から間隔をとりましょう。
  • 舗装されていない路面、道幅が十分ではない畦道などの路面を通行してはいけません。電動車いすの車幅(最大70cm)を認識し、十分余裕のある道幅の道路を通行しましょう。

事例2:下り坂を走行中に縁石に乗り上げて転倒し、外傷が元で死亡した。

  • クラッチを切ると速度を一定速度に抑制する機能が効かなくなるので、坂道でクラッチを切ってはいけません。
  • 坂道では最高速度設定ツマミを調整し、速度を落として運転しましょう。

事例3:後進したところブロック塀に立てかけていた金網に乗り上げ転覆して死亡した。

  • 後進する際は、振り向いて障害物の有無や路面の状況を目視確認しましょう。

事例4:踏切横断の際、電車にひかれ死亡した。

  • 踏切警報機が鳴っていたり、遮断機が降り始めていたら、踏切内に進入してはいけません。
  • 長い踏切は渡り切るのに時間がかかりますから、列車接近までの時間余裕があまり無さそうな場合は踏切に進入してはいけません。また、遮断される頻度が高い踏切は避けて迂回経路をとるようにしましょう。
  • 踏切では脱輪や車輪がレールの溝にはまるなどの支障が生じることもありますので、路面の状態によく注意し、慎重な操作を心がけましょう。
戻る