電動車いすの種類

電動車いすの種類をご紹介します。

電動車いすは大きく分けて、自操用と介助用の2種類に分けることができます。

 

自操用

使用者がジョイスティックやハンドルを操作して、利用するもの。

  • 標準形
  • ハンドル形
  • 座位変換形
  • 簡易形
  • 特殊形

 

※ジョイスティック(レバー) 1本の棒を前後左右に倒すことで、前進・後進、右折・左折を行なう装置です。
棒を離すと棒が中立の位置に戻り、自動的に停止します。

介助用

介助者の負担を軽減するもので、介助者が操作するもの。

  • 標準形
  • 簡易形
  • 特殊形

 

一般によく見かけるものは、自操用標準形、自操用ハンドル形、自操用簡易形です。

 

自操用標準形

主に身体障害者の方が利用されます。
操縦はジョイスティックレバーで行なうものが大半です。

自操用ハンドル形

主に足腰の弱くなられた高齢者の方が利用されます。
操縦はハンドルを操作して行ないます。

自操用簡易形

手動の車いすに電動ユニットを取り付けた電動車いすで、主に身体障害者の方が利用されます。
操縦はジョイスティックレバーで行なうものが大半です。

ページのトップへ